• TOP
  • 提案事例
  • ネットワークカメラによる高機能/リーズナブルな監視カメラ網の構築

提案事例

ネットワークカメラによる高機能/リーズナブルな監視カメラ網の構築

今まで、警備会社に「設置~管理運営」を依頼するケースの多かった「防犯/監視カメラ」において 最新式のネットワークカメラを活用することにより「初期コスト/ランニングコスト低減」が可能に

クライアント 業種/業態/設置環境を問わず各種クライアントが導入
ソリューション 導入の「初期コスト/ランニングコスト」の見直し
導入前の課題
  • ・防犯カメラの導入を検討したのだが初期/ランニングコストともに予算がかかりすぎる
  • ・既に警備会社と警備契約があり、監視カメラのオプションを検討したが月額の利用料が高すぎて見送った
  • ・警備会社に頼むほどの監視体制は必要ないのだがカメラによる監視/録画だけはしたい

導入の背景

今日、各種事業における「監視カメラ」のニーズは、防犯のためという本来の目的に加えて、高度情報化社会がますます進むなか、顧客データー管理、情報機密保持といった「情報漏洩リスクマネジメント」というより高度な企業責任が問われるケースが増えており、かつ、さまざまの事業の多角化にともない、管理部門の領域も多岐にわたる場合も多く、かつてないほどに監視カメラへのニーズが高まっている。

解決策

今日、インターネット網を利用したネットワークカメラの性能が飛躍的に向上しており、映像情報の高密度圧縮が可能となったため、遠隔地からのPC/タブレット/スマートフォンを使っての「高画質」「リアルタイム」の監視閲覧が可能となりました。かつ、データ圧縮技術により継続録画時間も100~200日連続録画できるHD設置も安価な設備で可能となっております。

導入前図

導入の効果
【従来必要であったカメラの「配線工事」が不要になりました】
いままでは、監視カメラ導入にあたって最大のコストであった「設置工事費」。最新のネットワークカメラではこの設置工事における「配線工事費」を大幅にカットできます。カメラ~録画機器/外部ネットワーク間はすべて「無線LAN接続」のため、設置店舗内から屋外にかけての配線工事が一切不要になりました。またこの方式ですと、設置後の断線トラブルといった心配がなく、メンテナンスコストも大幅にカットが可能になりました。
【管理者の方は、外出先からも「スマートフォン/タブレット」でいつでも監視可能】
ネットワークカメラの映像転送技術の向上により、高画質クリアな映像で管理者の方はいつでも「スマートフォン/タブレット」からインターネット経由で、全てのカメラにアクセス、リアルタイムでの閲覧が可能になりました。また進入感知センターによるアラート通知や、オートパトロールモードなど各種機能も充実しており、いままでにない幅広い監視体制の確立が可能となりました。
 

ページの先頭へ戻る